ハンドシグナルというか懇親会

今回、ラインジャッジ研修?に参加させて頂き、幸運にも国際審判員やA級審判員にかこまれての懇親会に参加させて頂きました。

場違いな雰囲気で微妙な気持ちでしたが、最後は酔っぱらいですいませんでした😢⤵️⤵️
で、ハンドシグナルの話しになり、貴著なお話を聞けました。

国際と国内で模範になる時は違う。ルールブック表記はこうだけどなどと、ものすごく興味津々の話しがあり。

ハンドシグナルだけでは無いがお手本にならなくてはいけない。上級審判員は伝えることはしっかり伝えること。今ある立場で教えていくことを確実に教えていくこと。

公認審判員のそれぞれの立場で行動、研鑽、指導しなさいという思いを聞くことができました。

サービス許可のハンドシグナルは、ルールブック通りできてるのか?
それが普通なのか?
ホントに凄いです‼️
そこまで考えてませんでした。

実は随分前の県内研修会のとき、ハンドシグナル実演がありましたが正直、違いが判りませんでした。
今回の懇親会で、「あ~❗」って。
すいません😢⤵️⤵️多分、7年以上前の話しですが、今ごろ。

やっぱり、まだまだですね‼️








この記事へのコメント

ジャムおじさん
2018年08月10日 16:00
始めてコメントいたします。
バレーボールの審判員をしておりまして、ブログを拝見させていただいております。

なんでも、少し前にトスコインを制作されたとか・・・

面識がなくても購入できますか?

この記事へのトラックバック